La Rondine

La Rondine:特定のショッピングの課題を理解する上でアドバイスが必要な場合は、お問い合わせください。読者の質問を調査するのが大好きな私たちのスタッフは、最善を尽くしてお手伝いします。 この歌劇は失敗と言われているが、全編美しい旋律に彩られ、「ドレッタの夢」だけでなく2幕のウインナワルツや愛の二重唱、アンサンブルなど聞き所が多い。モッフォはこのころは、イタリア10大美人に選ばれたり、TV番組モッフォショーを持ったり、女優で映画に出演したり、人気があり30歳半ば全盛期であった。憂いのある声、切ない歌い回し、イタリア語のせりふなどモッフォの最高傑作である。レコーディングではいつも端役のデ・パルマが、プリエール役の準主役で、シュッティとの掛け合いも見事で全編に渡って歌唱が聴けるのは嬉しい。プロデューサーの粋な計らいで花道をもうけたのであろう。ピッコロスカラの女王で美貌のシュッティも、サロン的なオペラには打ってつけのスーブレット。バリオー二やセレーニなどもったいないぐらい贅沢に使っている。LPのライナーに書いてあったがRCAプロデューサーのリチャード・モーアが、売れなくてもいいから、作りたくて彼の考えでの歌手を選び作ったレコードと言われている。指揮のプラデルリも、60年代前半の伴奏専門で特徴の無い指揮であったが、EMIのトゥーランドット(ニルソン・コレルリ・スコット盤)の頃から、表現力に大きく深みが増し、この録音でも劇的表現力・カンタービレなど抜群である。スカラ座でカラヤンに大きく影響を受けたことが、彼の成長に寄与していると言われている。この盤は、つばめの真価を知らしめた名盤で、モッフォ=マグダと言われるくらい。入手が非常に困難なCD名盤です。新色追加,まとめ買い特価,●手数料無料!!La Rondine