ユーグレナ ヘルスケア・ラボはユーグレナ及び各種素材の健康機能情報や最新の研究成果について情報発信するサイトです

いまこそ、5億年以上を生き抜く力を。
今こそ免疫力に注目!免疫力をたかめよう
  • 材質:CAC702 アルミニウム青銅鋳物

商品の説明

"span"KG 転造ウォームについて

当社のモジュール 0.5 ~ 2.0 のウォームは冷間転造にて造られております。
一般的特徴
Feature of Cold Rolled precision Worm.
1) 冷間転造による加工のため、ねじ面の表面は加工硬化によって硬さが向上し、金属の繊維組織が切断されていないので 機械切削のウォームに比べ機械的性質も優れております。
2) 転造後の表面硬さは母材の硬さの 1.2 倍~ 1.3 倍になり、『ねじ面の硬さは HB240 ~ 260』になります。
3) 転造ウォームは、ねじ面の表面粗さが鏡面のため、ウォームホイールと組み合わせて使用しますとウォームギヤの寿命 が切削をしたウォームとの組み合わせと比較して寿命が長くなります。
4) ウォームホイールをポリアセタールなどの軟材質で作った場合、組み合わせるウォームが切削加工品ですと、ねじ山の 角でウォームホイールの歯を削りとってしまうことがあります。
転造ウォームは、ねじ面の表面粗さが鏡面になり表面硬さも増し、特にねじ山の角は転造時のもり上がりの為、完全な 曲面となり、前述のようなウォームホイールの歯を削りとる現象は無く、その耐久性は極めて優れています。
5) 転造ウォームは転造中の素材が均一に塑性変形をしない為、転造特有の酔歩誤差(歩きとも言う)が有ります。転造ウォー ムが 1 回転(1 リード中に)する過程において、特定の位置での位相の進み遅れを酔歩誤差といいます。
6) 単一ピッチ誤差及び圧力角誤差は転造用ロールダイスの精度によって左右されますが、転造されたウォームの単一ピッ チ誤差の最大は 18 μmで圧力誤差は± 20ʼ となっています。

新着記事

よく読まれている記事

健康コラム

一覧を見る

研究レポート

一覧を見る

お知らせ

  1. 2021.10.22

    微細藻類ユーグレナの継続的な摂取により、腸内フローラの多様性が高まり睡眠の質が向上することを示唆する研究結果を確認しました

    詳細はこちら>
  2. 2021.09.28

    佐賀市における研究成果報告会を実施しました
    佐賀市長および佐賀市上下水道局長に、佐賀市における当社の研究成果報告会を実施しました。2015年度の国土交通省の「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」から、今年開設した資源循環型農業の研究用地「サステナブルテック・ファーム」まで幅広い活動を報告しました。また当日は、研究のお手伝いをしている佐賀県立致遠館高等学校の生徒による微細藻類ユーグレナに関する研究発表もありました

  3. 2021.09.03

    ユーグレナ社とジーンクエスト社、東北大学病院総合感染症科と共同で新型コロナワクチンの副反応と遺伝的背景の研究を開始

    詳細はこちら>
お知らせ一覧を見る